蔦屋書店で大学生してみた

私も一応、大学生。。

今学期は、月曜日が割と好きだ。

月火水木金土日。

その中で、私が大学生らしい唯一の日。

授業は2限から5限までびっしりだが、居眠りすることも友達とおしゃべりすることもせず

ノートにペンを走らせ続ける一日。疲れるけど、面白い授業ばかり。

まるで大学受験の予備校時代かのように、先生の言葉を人一倍メモする。

気持ちいい。

なんだか最近、学ぶことに貪欲になった。

一年生の時なんて、学校はサボりまくって授業もろくに聞いたことはなかった。

大学に価値なんて見出せなかった。

それが今年は…

授業が変わったのか、自分が変わったのか。

バイトしては飲みに行き、寝る間も惜しんで毎日遊びまわった一年間。

今となっては「勿体無かったなあ」とも思うが、それがなかったらむしろ

今も何も考えずおちゃらけてたのかもしれない。やりたいことを、やりたいと思った時に

とりあえずやる生活。体力オバケと呼ばれた面影は、最近の私にはもうないだろう。

蔦屋書店

本を読むのが楽しい。

文学なんてまるで縁がなく、前までは

「本読んでたらかっこいいだろうなー」

っていう下心で読書していた。

けど今は、もっぱら蔦屋書店の虜に。昨日はみなとみらい、今日は代官山へ。📖

おしゃれな空間さながら、図書館のように、じっくり本が読める。

ブログの本を探しているにしても、一冊じゃ止まらない。ついつい、

あれもこれも気になってしまい、閉館時間まで焦りを感じながら読み漁る。

インターネットで調べ物をした時、本来の目的だけでなく関連サイトが

どうしても気になって、キリがなくクリックしまくってしまう。

本屋さんもインターネットも同じなのかぁ。

夜中に書いていたらそのまま寝落ちしてしまっていたので、ここまででおいとま!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください