今週のMAKERS_Uメンタリング会 気持ちは焦るが進まない。。

 

第3回目くらいになりましたでしょうか、歴代MAKERS生によるメンタリング会(仮)!!!

(MAKERSについては前の記事で書いていますので、読んで見て欲しいです。)

メンタリング会と言っても、お酒飲みながら楽しくお話することも多いですが。

やはり、会うたび刺激になります。

今回は、私と同じように4期生になりたい人もいて、いつもの「すごいMAKERS生」の中にハーレム状態ではなかったため、少しは気が楽でした。

いつもは自分だけが究極の無知で、知らないことが多すぎて、勝手にですが「そんなん常識だから調べてからこいよ」って思われるんじゃないかってビビってあんまり質問できなくて。自分の中で引っかかるものがあるままいつも会を終えていて。

でも今回は、もう1人の志望者と、さらにMAKERSに興味がある人もいたため、その人たちが色々質問してくれました。

しかもそれが、結構今まで聞きづらくて聞けなかったことだった。

きっとMAKERS生はみなさん優しいから、質問が当たり前でも的外れでも優しく細かく教えてくれると思います。

「知らないのは恥じゃない」って誰かが言ってたなあ。

これからは、聞きたいことはしっかり怖がらずに聞くようにしないともったいないな、と思いました。

でもやっぱり、何も知らないまま行っても話が進まなかったり、浅いところまでしか聞けないでしょう。

日々もっと本を読んだり、ニュースに敏感になったりすることは大切だから、やらないといけないなあ、とも思いました。

エントリーシートの締め切りが近づいてきた。。。

一回めちゃくちゃひらめいた!って興奮して徹夜で一気に書き終えました。

でも、改めて読み返し、また何人かに読んでもらうとまだまだ穴だらけです。

改めて根本からもっと考え直すべき。でも、何書いていいか全然わからない。

毎日ノート開いては、よくわからなくなって行き詰まる。

突っ込もうとすればどこまでも突っ込めるし、多分これは、いつまでも正解にはたどり着けないんだと思う。

そうしているうちに、時間だけが過ぎ、応募の締め切りは近づき、焦る。

そもそも、「ゲストハウスをやりたい」からスタートし、「ばあちゃんちを盛り上げたい」となって、その地域に着目した。

まちづくりをやっているMAKERS生に会った時、相談したら、地域を盛り上げる手段はゲストハウスだけじゃないよね、ってなりました。

確かにすぎる。

ゲストハウスをやりたくなった原体験を端的に言うと、「ゲストハウスでいろんな人と交流できた」ことで初めてのひとり旅が楽しいと思えたこと、ゲストハウスをきっかけに、地元の人や面白い人を紹介してもらい、ただ生活していては出会えなかった人と出会ってすごい経験ができたこと。

「じゃあ、それをこの地域でも作りたいからゲストハウスを建てよう!」

って言うのは少し短絡的な考え方。

じゃなくて、その「新たな人との出会い」「面白い経験」ができる新たなるシステムを作ればいいんだ!

って言うのは、少し面白い考え方だなあと思います。

私は想像力が乏しいから、なんか新しいことをしたい!って思っても、いいアイデアを思いつくのが苦手。だからそうなるとハードルは高くなる。

でも、実際バイト先で学んだことですが、「アイデアとは既存の要素の組み合わせ以外の何物でもない」とジェームス・W・ヤングも言っています。

だからこそ、組み合わせられるだけの既存のアイデアをたくさん持っていることが大切だと思うのです。

もうこうなると、人生勉強、勉強、勉強!!

恥ずかしいながら今になってやっと、勉強の意味がわかってきました。

中学生の頃、塾の偉大なる先生が「5科目勉強する意味」の彼なりの考えを語ってくれたのを思い出します。

今小さい子に会ったら、絶対「勉強しとけ」「本読んどけ」って言っちゃいますね〜

ついこの間までは、そんなこと言われても「なんやねんこの人〜」って反抗してた気もするけど。

おばさんになったってことですかね〜

はあ。やることいっぱい!!

 

とりあえず今の悩みは、MAKERSに4期で出すべきか、それとも、目標ができた今だからこそもう一年ちゃんとそのための勉強をして考えを深掘りして、もっとやりたいことも自分なりに進めてみてから5期に挑戦すべきか。

とはいえ4期の応募締め切りはもうすぐだから、こんなこと悩んでる時点でどうなのよって話になるのですが。。。

人生いろんな道があって、悩むこともたくさんあって、大変だけど、それだからこそ楽しいんですね〜

人生を切り開こうとする大学二年生の冬。

今は焦って一気に2つもインターンを始めたり、MAKERSやトビタテの締め切りに追われたりで生き急いでいますが。。

そうは言っても、休学と言う手段も残っているし、まだ単純に学生生活2年間も残っているし。

時間はたくさんあります。

私はやりたいと思ったら、周りが見えなくなって後先考えず突っ走ってしまうところがあるので。

一呼吸置いて、しっかり検証して、考えてから動くことも必要なのかなと。

これでじっくり考えているうちに風化してしまうか、それとももっと深くアイデアを磨いていい形で実行させられるかは、想い次第かなあ。

そして、昨日YouTubeで見たんですけど、想いっていうのは、つまり「原体験」らしいんですよね。

締め切りが近くてビビって「逃げ」として来年に回すのか、それとももっとレベルアップさせてMAKERSを有効に使うために来年に回すのか。よく考えるべきですよね。。

 

何からやるべきなのか、、

今日も気持ちは、焦っています。

これぞ「師走」の前兆ですね!

寒くなってきました〜みなさん体調崩さないように〜〜〜

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください