令和元年、夏休みの過ごし方

本を読んでいると、なんだか胸が苦しくなり、もうそれ以上本に集中が出来ず、頭の中がぐるぐるぐるぐるして、ソワソワして、泣きそうになることがあります。

そういう時は大抵、手が止まることなくノートにやりたいことを書いているのです。

つまり、本からインスパイアされて、なにかが閃き、その瞬間その事でワクワクしすぎて、早くやりたいと焦っているのです。
時すでに遅し、その事で頭がいっぱいで、他にも読もうとして手に取っていた本はすべて読まぬまま本棚に戻すのです。

さて
今日は、こんな素敵な本に出会いました。

田舎の未来 手探りの7年間とその先について さのかずや著

この本は、さのさんが自分の故郷を良くしていこうと奮闘する過程を綴った本です。
彼自身、学生時代からブログで悩みつつも考えることを書き留めていました。

まさに、「偉そうに言うだけで知識も経験もないただの学生ですが」みたいなところを自分と照らし合わせてしまいました。

しかし筆者は、就職して働きつつも、出来ることから行動して、勉強して、考えて、さらに行動していました。
そして少しずつだが着実に、自信や信念を築き上げていたのです。

それを読んで、負けちゃいられねえ!と、あることを考えつきました。
今はもう、ワクワクしすぎて友達に電話しまくって、高鳴る鼓動を抑えきれず電車の中で足が震えるくらいです!笑

大学3年生の夏休み。ここはすごく大事な時間だと思っていて、どんな使い方がベストかたくさん考えてきました。

就活のため、サマーインターンにいきまくろうか?
いやいや、まだ就活するということに絞り過ぎず、できる行動を起こすことで灯火を見つけようか?
いっその事、視野が狭くなっているかもしれないからまた海外へでも行こうか?

昨日までで1番有力だったのは、祖父母の商店で、本気で修行をさせてもらうことでした。
これからもこの大好きなお店を残していくために、どう新たな価値を創り出せるか?それを空論で考える前にまず、現場を知ろう、という思いからです。

でも今朝ばあちゃんと電話して、まだまだ思いにはギャップがあるなと感じました。

そんな中、さっき思いついたことではありますが、今熱が上がりまくっているやりたいことは、「日本中の田舎を見に行く」ことです。

具体的構想をお話します。

最近私は本や雑誌、ウェブサイトで地方創生の成功事例を漁っています。
若者が動いている町、人口が増えている町、自治体が柔軟に頑張っている町。

一方で、今読んでいる「地方創生大全(木下斉 著)」に書かれているように、メディアに成功事例として取り上げられたが故に、失敗が出来なくなり動きが止まってしまう町や、実状よりも盛られてしまっていて実際は課題がまだまだ山積みという例も少なくないそうです。

たしかに、本質や現実は、マス向けのメディアだけでは分かりません。

失敗談や温度感、熱量を、自分の目で確かめたいと考えました。

さらには、絶望的かもしれない田舎の商店で自分は何が出来るのか。大好きな双海町を、どう残していけるのか。

それを、実際にプレイヤーとして尽力されている方や変わろうとしている町から学んできたいのです。

方法としては、WEBメディアを立ち上げたいです。
ただ感じるだけでは、今までのアホな自分のように、経験の垂れ流しになってしまいます。
実際に形式ばっての取材という形をとることで、いつも少し遠慮したり知らないが言えなくて引き出しきれないところまで、根掘り葉掘り聞きたいからです。

そして、得た情報や感じたことを、その町の魅力と共にシェアします。

今のブログはただ一方的に自分のことを記録しているだけの自己満足ですが、Webメディアでは、人に届けるために書こうと思います。

実際にこのブログも、一丁前に少しお金をかけてwordpressで作っていますが、使いからすらろくにわかっていません。

しかし頑張ってWebメディアを作れないか、奮闘してみます。
明日、バイトしているコワーキングにて頼れる大人達に聞いてみようと思います。

さらには旅に出るまでには、名刺と、あわよくば双海町のステッカーを作ってみて、出会う人々に配ることで少しでもファンを増やせたらなと。

あ、そうそう。バイトもろくにしてない乞食なので、お金がありません。
だから、できる限りお金を使わずに回ります。
ヒッチハイクとか、田舎に泊まろうみたいな?

それと、一人旅を今まで何度かしてきましたが、5回目程にしてやっと気づいたことがあります。
それは、「1人は寂しい」ということ。
とくにいつも1~2週間行くのですが、もう途中から寂しすぎて、Instagramのストーリーあげまくり、友達に電話しまくり、LINEばっかり見まくり。
半べそかきながら、旅の後半をすごしていました。

で今回は、行ける所まで行こうかと。暇持て余して、その場の成り行きで、出会いに身を任せて巡ろうかと。

夏休みのほとんどを費やす覚悟はあるのですが、1人でリタイアする危険性もあるため、友達を誘いました。

これに関しては、ローテーション技を決めていきます。

現地集合現地解散、途中合流途中解散。
そんなことしてくれるような楽しい友達が数人いそうなので、楽しめそうです。

みんな乞食な大学生なので、節約旅ができそうです。

そんなこんなで、旅をする中でしっかりと思考を深め、アイデアを蓄え、夏の終わりには次の新たなる1歩を踏み出すということを目標に、この唯一無二な夏を過ごそうと思います。

おすすめの町あれば、教えてください。
人も沢山、紹介してください。

お金をかけずに旅をする方法も、ご教示ください。

その場の思いつきで生きていますが、何を言っても動くことがいちばん大切なので。

なぜなら、だれに相談しても、どんな人と話しても、「動いてみないとわからないよ」の一言しかかえってこないからです。

もう相談するのはやめて、動かないと!!

夢を抱いてからもうすぐ1年が経ってしまいます。
結局なにもできてないよね?って言われたくないから。

自慢だった行動力を、無くしかけていたこの半年間。

少しずつでも確実に、進んでいくことでしか未来は切り開けないんだと信じて。

いくら蔦屋書店に通っていても、双海は変えられないですもんね!!

インプットにはアウトプットが必要です。
どちらもバランスよく。
デキるハタチになります。

夏休み中にハタチ終わるけど。
21になる前に動き出さないと。。。

頑張ります!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください