多拠点生活を最大限に活かすには?

都心から1時間以内の場所に、実家もあり、シェアハウスもあり、そしてホステルパスや知り合いの家なども含めると、帰る家がいくつもある生活を送っています。

夢の多拠点生活、な訳ですが、夢描いてたことが現実になると、いいことばかりではない一面も見えて来ました。

選択肢が増え、迷うことへの浪費が

物事には、場所がつきものです。
サーフィンなら湘南、フットサルなら横浜、学校なら渋谷、セミナーなら東京のどこか。
だから、予定によって、いる場所は変わります。

そんな時、今日はどこに帰ろう、ってベストな場所を決めるわけです。

帰る場所の一番の決め手は、交通費か、次の日の予定かなあ。
定期券内か、最安値で帰れるところに帰れる。

これは、すごく便利なことです。

が、選択肢が膨大になったので、優柔不断な私は困っています。笑

場所の変化、振れ幅が激しい分、予定の組み方がすごく難しい。

直前まで、どんな予定が、どこでの予定が入るかわからないから、なかなか先の予定を立てづらいのです。

例えば、夕方まで学校があり、そのあと横浜で歯医者の予約をしている時。そんなに夜も遅くないし、柏のシェアハウスではご飯会があるから、そっちに帰りたいなー、となるのです。
が、こっちにいるなら明日はサーフィンに行こうかな、となって知り合いを誘ってみる。返事が来るまで、どっちに帰ろうか決まらない。

例がうまく思い浮かばなかったけど、こんな調子で、常にスケジュールとにらめっこして、いかに効率よく、密度濃い予定を立てられるか考えています。笑

慣れれば、行動範囲が広がり、一箇所で決まったリズムで過ごすよりも世界が広くなるし、クリエイティブになれるのかもしれません。

というかそう期待しています。笑

ただ、いまはまだ戸惑っていて、優先順位をつけるのに時間をかけ過ぎてしまいます。

スティーブ・ジョブズみたいに、毎日同じ服しか着なかったら、無駄に悩む時間というのを省けます。

それと一緒なのかなあ、と思ったりもします。

しっかり管理して、早く慣れたい

だから、電車の運賃とか路線とかも覚えて、固定的な予定はしっかり抑えた上で、変化を楽しめるように早く慣れたいな、と思いました。

決まった予定をただこなすよりも、明日は何をしようかなーって、その時の最新情報を色々考慮した上で決めたいですよね。

あとは、その日の気分とかもあるし。笑
予定立てるのが本当に苦手で、大変です。。。

自分に見合う方法をちゃんと確立して、人様に迷惑はかけないようにしないといけませんね!!

世の中、結局はお金。

あとは、今はお金がなさ過ぎて、選択の基準が「お金のかからないこと」になってしまっているのももどかしいです。

バイトする時間がもったいないと思いつつ、お金がないと行動範囲も絞られてしまうので、そこそこにお金は必要だと、最近つくづく思います。。。

バイトして遊んでた一年前は、まるで正論かのように
「学生のうちに貯められる程度のお金なんて、働いたらすぐ稼げるんだから、今はお金を経験に変えたほうがいいんだ!!!!」
と大口を叩いては、遊んで飲んで、旅をして、、、って散財し過ぎました。。。

貯金しておけばよかった!!!

まあ無理だろうし、過去に戻っても同じ道を辿るとは思うので、後悔はしてないんですけどね。笑

だらだらと思うままに書き過ぎました!!!

そういうお話です!!!

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください