女1人でぶらりヒッチハイクの旅!!!

三連休。もともと友達とキャンプに行く予定で二日間開けていたのですが、体調崩した子がいて流れまして、、、

でもせっかく開けていた2日間。ただ暇するのも勿体無いし、むしろ2日間も丸まま開くことなんてなかなかないから、なんか面白い経験したい!って思い立ちまして。

やっちゃいました。

ヒッチハイクの旅!

私ヒッチハイクは一応、一年前くらいに一度したことはあるんです。

家族で伊豆旅行に行って、弟と喧嘩して一緒の車で帰りたくなくて、ヒッチハイクで帰った、っていうお恥ずかしいエピソード。(笑)

まあその話はまた違う機会に詳しく書きますね!

 

ヒッチハイクを始めるまで渋かった

キャンプがパイになったとき、「1人でヒッチハイクでも行きてえ!」って思いました。

でも、直前になってなんか急に心細くなって。友達何人かに「一緒に行かない?」って連絡したけど、直前で2日間空いてる人なんているはずもなく(笑)

前日までどうしようかめちゃくちゃ悩みました。

ちょうどこの連休で、新潟から友達が東京に来るらしかったので会いたいし。

行かない言い訳ならありました。

だから、「朝起きれたら行くか〜」って目覚ましもかけずに就寝。笑

それで起きたら10時くらいで、もう遅いかな〜とも思いつつ。

渋りながらも、行かないともったいない気もする。

結局、友達から言われた「やってから考えれば?」とか「1人で行くから楽しいんじゃん」って言葉に後押しされて、急いで準備してとりあえず家を出てみました。

家にあったスケッチブック。「なんか一回り小さいかな〜」って心配になったり。

「マジックペン、出なくなりそうだな〜」って不安に思ったり。

あんまり目的地に到着している自分が想像できなくて、まあ無理だったら引き返せばいっか〜くらいでとりあえず初めてみました!!

目的地は軽井沢に決定!

行き先をどこにするかは色々悩みました。

東北に、以前1人旅した時に出会った方々に会いに行きたい。

飛騨高山の合掌造りみに行きたい。

富山とかの普段なら行かないところ行きたい。

色々行きたいところはあるんですが、どこも遠くて。

昼からスタートしてしまったものだから到底たどり着けないだろうと用心して、まあギリいけそうなところで行ったことのないところとして「軽井沢」を目的地に定めました。

待ってる間も意外と楽しい!

軽井沢までのルートを調べたら、最初首都高速を通る道。

家から近所のICの乗り場まで歩いて、その手前の道で、「東京方面へ」って書いたスケッチブックを開いて道路に向けてみる。

これ、乗せてもらうまでが恥ずかしいからやだなーって思っていたんですけど。

実際にやってみると、結構車の中からスケッチブック覗き込んでくれる人多くて。

しかもみんな、「面白そうなことやってんな〜!」って言ってるかのように笑ってくれるんです。

それがわたし的にはツボで。笑

めっちゃ嬉しいんです。笑

車の中の人と、止めてくれなくても目があって笑いあってる感じ、めちゃくちゃ楽しいやん!みたいな。笑

もっとも、通りすがりの歩行者からの目は少し冷たかった気もしたけど笑

車内はスマホに夢中で気づかない人もいれば、指差して反応する人や手を振ってくれる人もいました。

ある意味人間観察(笑)

東京連れてって〜のボード

東京方面へ!!!!

1台目(仮)は宗教の勧誘だった、、、、

初めて15分くらいですかね、目の前で車が止まって。

少し距離があったから、隣の建物に用がある人なのかなって思って気にしてなかったら、車の中から男性二人組が出てきて話しかけてきました。

「ヒッチハイクっすか?」って若めのお兄さん。

隣にはスーツきたちっちゃめの人。少し年上に見えます。

でも仕事じゃないらしく、人に会う予定をキャンセルしてまで乗せてくれるという。

その人たちも行き先は特にないから、どこまで行こうか、みたいな感じで。

「一回通り過ぎたんだけど、面白そうだから引き戻ってきたよ〜」

って、めっちゃ優しいやん!と感激。

まだ初めてそんなに時間経ってなかったから、「案外捕まるもんだな〜ちょろいな〜」とか思いながら乗車。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください