2020年、本年の目標

新年、開けましておめでとうございます。
このお正月、みなさまはどんな過ごし方をされたでしょうか。

私は、寝正月からの、ふたみで最高の夕日を拝み静かな1日を終えました。

さて、2019年をざっと振り返るとともに、2020年は大きな転換にもなりそうなので、しっかりと目標を定めておこうと思います。

2019年振り返り

2019年1月はじめに、1年の抱負を掲げていました。

「理性を磨く」

(1年前のインスタの投稿を載せます。適当に読み飛ばしてください!)

感性ばかりで生きている自分を見つめ直し、知識や情報、データを大切にしようという意気込みだったようです。1年前の私。笑

これに関しては、1年間、それはそれは学びの多い1年だったと思います。

2018年の11月ごろからふたみにのめり込み、生活も関わる人も、判断軸もガラッと変化した2019年。

夏前までは、バイトもせずにとにかく本を読み、人に会い、インプットを積み重ねた時期でした。

そして夏からは、ITベンチャーでのインターン、ふたみTフェスでの「ふたみ図鑑」などで、少し社会に踏み込んだ活動をした時期

さらには、変化と出会いの多すぎる激動の1年だったように振り返ります。

多拠点居住という暮らし方

1番に言えるのは、「多拠点居住」が始まったこと。

今では、帰る家が「横浜」「柏」「江ノ島」「双海」「松山」「中目黒」その他ゲストハウスなど、いくらでもある状況です。
これは、当初から予期していたものではないのですが、
ラッキーすぎる運と実力で掴んだ運命の「絆家シェアハウス」との出会いが大きいです。

今まで考えたこともなかった千葉県・柏という町との出会い、
そして、「100人シェアハウス」との出会い。

柏の町としては、特に「ウラカシ百年会」「EDGEHAUS」との出会いが自分にとって大切なものでした。
「町おこしの活動のオモテとウラ」「人が好きだからやっているという師匠の教え」「コミュニティカフェで繋がる地域コミュニティ」「フリーランスという生き方」「商店会、商工会、商工会議所」などなど、まだまだこれからも研究して見たいような興味深いテーマで、たくさんの人との出会いや、学びがありました。
本当に時間が足りないほどですが、3ヶ月しかいない町でも、町を歩けば知り合いに会うような町になったことは、自分の中での自慢です。
柏という町のことは、まだまだ知らないことばかりなものの大好きですし、故郷になったと思っています。

そして、100人シェアハウスとの出会い。
このフレーズを聞いた人は、皆驚き困惑します。
「え、100人!?」と。笑

このシェアハウスで起きる”擬似家族”。
子供のいるファミリーやカップルも住んでいるし、年齢も生き方もバラバラな住民が集まっています。
私が今感じる印象は、「地域コミュニティ」。

双海という田舎町で感じる、クローズドな地域のコミュニティ。
「どこのだれがいつ何をしていた」というのはバレバレだけど、
その代わりに、お金だけじゃない思いやりやコミュニケーションを介した繋がりが感じられる。

そんな田舎の地域コミュニティは、インターネットが成熟した若者の集まる都会にはありません。オープンで、コミュニケーションは希薄し、隣の人間はまるで違う生き物かのように、関心の1つもありません。

こんな冷たくも感じる時代に、また昔の良さを取り戻そうとするかのようにクローズドのコミュニティが生まれるのが「シェアハウス」だと思っています。

ご飯をおすそ分けしあったり、一緒にテレビを見ながら時間を共有したり
個々がそれぞれのことをしたり。

近すぎず、遠すぎず、鬱陶しさも寂しさも感じない心地よい距離感で、
人と人とが繋がるのです。
この出会いには、本当に救われました。

これからの時代に、大切な何かを見つけられた気がしました。
そして、大好きな人がたくさんできました。

さらに、絆家シェアハウスでNEWオープンした「江ノ島・アーティストシェアハウス」との出会い。

ここは、10人ほどのさらにクローズドなコミュニティです。

ここでは、本当にたくさんのことを考えさせられました。
「アーティストシェアハウス」というテーマのもと、集まってくるのは、
今までの私の人生には登場してこなかったような個性的な人たち。

生き方も、価値観も、考えていることや話し方まで、全く新しいものを持つ人が多くて、刺激的すぎました。

今までは関係ないと思っていたようなアートの世界が、グッと身近になったとともに「アート」の意味が今まで思っていたものとは少し変わりました。

ここにいる人たちと、丁寧にコミュニケーションをとっていきたいし、
大切に縁を繋いでいきたい。
そんな気持ちに初めてなるくらい、憧れる人たちに出会えました。
ちょっと不思議な気持ちになって、疲れたりもしました。
でも、すごくワクワクして幸せな時間でした。

そして、双海。
大好きな双海を知りたくて、大好きなふたみの人たちに会いたくて、
2019年はたくさんふたみで過ごしました。1年の1/4を超える90日くらいは、ふたみにいたので、もはや「行ってらっしゃい」「おかえり」と行ってくれる人も多くて嬉しい限りです。

・・・

他にも、数え切れないくらいの出会いがあり、充実した1年間でした。
しかし、出会いがありすぎてどんどん欲張りになり、
何もかもに手を出しては区切りをつけられず、
困惑することも多かった1年でもありました。

こんなことも含めて、自分のレベルは少しずつでも確実にアップしたと思います。

行動すれば道はどんどん開いていくし、
チャンスは自分で呼び寄せ、掴みにいくものなのだと
本当に感じております。

いやあ、いい一年だったなあ。

2020年、今年の目標。

前置きにしようとしていた去年のまとめが、思った以上に長すぎてしまいました。申し訳ありません。

さて、去年に学んだことでもある、「期間と目標を定めてやりきること」。

今回は、”1年後の今日にどんな自分になっていたいか“という長期目標を掲げさせていただきます!

ズバリ・・・

笑顔で真摯に働き、GIVEできる人になるとともに、
まわりの人を燃えさせる「マッチ」のような存在になる!

です。

少しだけ具体的に。

いつなんどきも、自分の原動力は「好き」という気持ちと「楽しい」と笑えること。
何事も楽しさを見出し、自然に笑顔になるくらい本気で取り組む。
驕らず調子に乗らず、しかし、わからないできないと他責にせずに、
何事にも本気で真面目に取り組む。

もう1つ肝になるのは、GIVEできる人になること。

今まで、私はろくに後輩を持ったこともなく、年上に甘えるばかりでTAKEテイクていく…..な人間でした。

あれしてこれしてと、他人に先にやってもらおうとする、自分は受け取ろうとばかりしていたように気づきました。

でも、GIVEばかりできる人に出会い、その人を見ていて、改心しないとなと思わされました。

ケチな自分、心が狭い自分、欲張りな自分、貪欲な自分。

今年は、この自分に気づき、意識して改善していきます。

最後に、「マッチ」になるということ。

私はきっとこれからも、当分は年上に囲まれます。

そんな中で、自分が先輩から教えてもらい、与えてもらい、何かを学ぶばかりではなく。

自分も、年上に与える影響はあるということです。

「私のように夢を持ち、ひたむきに楽しみながら追い続ける若者を見ると、
昔の自分を見ているようだ」と言って応援してくれる大人がいました。

その人は、昔自分の心に持っていた熱い気持ちを思い出し、少しずつアクティブになってくれました。
それが、すごく嬉しかったのです。

毎日仕事で忙しく、なかなか時間が取れないうちに、
好きなことややりたいことへの気持ちが薄れたり、諦めが出てきたりする。

そんな大人は少なくないかもしれません。

そんな大人が、また「おっしゃやってやるぞ〜〜」ってなったら、
若かりし頃よりレベルアップしていて、めっちゃ強いです。

そんな大人が双海に増えたら、ふたみの未来は明るすぎて眩しいです。

そんな未来を夢見て。

今年は、挑みます。

これまでの人生からすれば、少し道を外れます。

選んだ道を、正解にするかどうかは、自分次第です。

これを肝に命じて。
夢に近く第2歩目。

素敵な1年にしていきます!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください